日別: 2016年7月29日

本文作成のポイント(3)|SEO対策のすべて

読者に適した言葉を使う

記事を書く時に、どのような読者に向けて書くのかということを決めておくことは重要ということを以前、お話したのですが、その理由は、その読者に対してどのような言葉を使えば理解しやすく、情報が伝わりやすいのかということを明確にしたいだからなのです。

その読者というのは、大きく2つに分けることができます。

①年齢層や知識量

中学生などの若年層や全年齢を読者とする場合、分かりやすいように難しい漢字や表現は避けましょう。また、専門知識が無い、初心者を読者とする場合も簡単な言葉にしましょう。

もし、難しい表現を使う場合は、その言葉を説明するようなリンクや注釈を付けることが大切です。

②性別

読者が、男性なのか女性なのかによってでも、言葉の使い方に注意が必要です。

男性向けの記事の場合は、女性が詳しそうな美容系の用語、そして、女性向けの記事の場合は、男性が詳しそうなスポーツ系やバイクなどの機械系の用語は使用するのであればリンクや注釈での説明をしてあげましょう。


文を読みやすい長さにする

記事を書く時に、情報をたくさん盛り込もうとした事はないでしょうか?

しかし、情報をたくさん盛り込みすぎた文章というのは長くなりすぎてしまう事が多く、結局、伝えたい事が読者に伝わらず、読みづらい文章となってしまいます。

では、読者が読みやすく、かつ伝えたい情報を伝える事のできる文章を書く為にはどうすれば良いのでしょうか?

それを解決するポイントは2つあります。

・一文の長さは約40文字
・一文一義

一文一義とは、一つの文章の中に一つの事柄を入れるという事です。

[悪い例]

現代では、サッカーは主に足を使ってプレーするスポーツであるが、昔は手を使って、ボールを運ぶことも許されていたり、殴り合いも行われており、今とはかなりかけ離れたスポーツであった。

[良い例]

現代では、サッカーは主に足を使ってプレーするスポーツという認識が一般的である。しかし、昔は手を使いボールを運び、殴り合いも行われており、今とはかなりかけ離れたスポーツであった。

ある程度の所で文を区切り、文章を分ける事で一文を理解しやすいようにしましょう。


文末表現に注意する

文末表現には、文章のリズムや抑揚を生み出す効果があります。

この文末表現によって、文章が読みやすいかどうかが大きく左右されてくるので、注意しましょう。

[同じ文末表現の繰り返しは避ける]

リズム良く文章を読者に読んでもらうには、同じ文末表現を繰り返さないことが大切です。

なぜなら、同じ文末表現が連続すると文章の抑揚が失われ、読みにくい文章になってしまうからです。

[悪い例]

ロンドンは、ヨーロッパで最も人気のある都市です。とても綺麗な街です。自然もたくさんあり、住みやすい場所です

[良い例]

ロンドンは、魅力的な都市。ヨーロッパで最も人気があり、とても街並が綺麗です。また、住みやすく、自然もたくさんあります