日別: 2016年7月22日

ターゲット選定の仕方(1)|SEO対策のすべて

サイトを訪れるターゲットを決めよう!

コンテンツを書き始める前にやっておかなければならない事がまだ、あります。

それは、ターゲットの設定です!!

SEO対策というのは、サイトに訪れる人にとって、有益な情報を提供することであるので、どんな人にサイトを見てもらいたいのかということ、まず決定しておかなければいけません。

そして、それはなぜかというと、ターゲットによってコンテンツの書き方が変わってくるからなのです。

例えば、サッカーの試合を分析するサイトを作る場合、「サッカーに詳しく、専門用語を知っている人」と「サッカー初心者で、専門用語などを知らない人」がいるとする。前者がターゲットの場合、分析の文章に専門用語をそのまま使いながら書いていけるが、後者の場合、専門用語を知らないので、専門用語を使って文章を書いてしまうと、全く理解できない記事になってしまうので、その人にとっては有益ではない無意味な記事になってしまうのです。

したがって、専門用語を知らないサッカー初心者の人達をターゲットにするのであれば、専門用語を使わず他の言い方にするか、専門用語を使用するのであれば、その説明を書くか、リンクを貼るということをした方が良いでしょう。

このように、読者となるターゲットに合わせたコンテンツを作成するということは、読者にとって有益なコンテンツとなると同時に、SEO対策にもなるのです。

それでは、どうやってそのターゲットを決めていけば良いのでしょうか?

それは、次の考え方で、決めていくことができます!

5W1H1L

この考え方は、ある7つの単語を分類して作られたものであります。

まずは、「5W」。

5つのWは、
①    Who「誰が?」
② Why「なぜ?」
③ When「いつ?」
④ Were「どこで?」
⑤ What「何を?」

次に、「1H」。

How「どうする?」

そして、最後は「1L」。

Literacy「リテラシー」(専門用語などの理解ができる知識や経験)

これらの1つずつを詳細に分析し、ターゲットを決定していきます。

その1つずつの説明は次回することにしますので、お楽しみに!