日別: 2016年7月19日

SEOとは?|SEO対策のすべて

 SEOとは?

SEOの対策をしようとしていますが、そもそも「SEO」とはどういう意味で、どういうものなのかご存知ですか?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、

日本語にすると、「検索エンジン最適化」という意味なんです。

つまり、検索エンジンに、サイトを読み込まれやすくするために、サイトを最も適した形にするということです。


[日々変化する検索エンジン]

一度、検索結果で最上位に、なったとしても安心していてはいけません。

なぜなら、検索エンジンの評価基準は常に変わり続けており、その時々にあわせてサイトを修正していかなければならないからです!

以前は、サイトの構造や、タグの内容が重要視されていましたが、現在では、コンテンツが重要視されています。

日本で主に使用されている検索エンジンは、3つあります。

①Google
②Yahoo!JAPAN
③Bing

この3つの検索エンジンのうち、GoogleとYahoo!JAPANは、ほぼ同じ検索結果を表示し、Bingだけは違う検索結果が表示されます。

なぜ、Yahoo!JAPANの検索結果がGoogleと同じ検索結果なのかというと、日本のYahoo!JAPANはGoogleのアルゴリズムを採用しているからなのです。(アメリカのYahoo!はBingのアルゴリズムを採用している)

日本では、GoogleとYAhoo!JAPANの国内シェアは約9割を占めているので、GoogleのアルゴリズムでSEO対策をしなければいけません。


[コンテンツの重要性]

先ほども、記述したように、現在では、サイトのコンテンツが最も重要なのです。

なぜなら、インターネットで検索エンジンを使って検索する人たちは、その検索したワードについての詳しい情報を知りたくて検索しているわけであるから、人が読んで最も有益になる情報を提供することができているサイトを検索する人は最も求めているからなんです。

つまり、人がそのサイトを見て、役に立つ情報を持ち、満足してもらえるサイトとはどんなサイトなのかを考えて作りましょう!

そのようなサイトが検索エンジンに高く評価されます。

例えば、渋谷にあるカフェに行きたいのに、住所も連絡先も地図も無かったとしたら、そのサイトは有益だと言えますでしょうか?当然、住所、連絡先や地図があり、さらにオススメのメニューや値段などの詳しい情報が書いてある方が、検索者にとって有益である為、上位に表示されるということになるんです。

しかし、せっかく良い情報を持っていたとしても、その伝え方、つまりコンテンツの書き方によっては全く無意味な物になってしまう恐れがあるので、その書き方については今後お伝えしたいと思います!