カテゴリー: SEO対策

検索キーワードからコンテンツを考える(1)|SEO対策のすべて

キーワードの決定をしよう!

むやみに、コンテンツを書き始めていく前に、しっかりとした調査をしましょう!

自分が書きたい内容というより、検索者がどのような情報を求めていて、どのようなキーワードでよく検索をしているのかということを調査し、知ることによって、需要のあるサイトを作成することができ、検索結果の上位に表示されるようになります。

なので、まずは、そのよく検索されるキーワードを調べて、決定しましょう!

そのキーワードを調べることができる主な方法は3つあります。

①Google AdWordsのキーワードプランナー
②Google Trends
③検索ツールバー

①Google AdWords キーワードプランナー

このキーワードプランナーはGoogleで検索されているキーワードの、月間の検索回数を調べることができる便利なツールです。

複数のキーワードを組み合わせて調べることもできます。

Googleのアカウントを持っていれば誰でも利用するのとができるので、ぜひ利用してみてください。

[利用の仕方]

1.ログイン後、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」という所をクリック。
2.「宣伝する商品やサービス」の所に、調べたいキーワードを入力し、一番下の「候補を取得」をクリック。
3.画面中盤の「キーワード候補」を選択する。
4.このままでは、見にくいのでダウンロードの所をクリックし、ダウンロードする。
5.検索したキーワードに関連するキーワードと月間検索回数のリストの一覧が表示される。
6.対策をしようとしている検索キーワードの需要があるか、より良いキーワードの組み合わせがないのか調べる。
ただし、検索回数が多い方が良いが、そのようなキーワードはライバルが多く、上位表示されるには難易度が高いので注意しましょう。

②Google Trends

2つ目はの、このグーグルトレンドでは、過去の検索ボリュームの推移や、関連するワードの人気度や注目度を調べることができます。

例えば、「サッカー」というキーワードで調べたとします。そうすると、2014年や2013年、2010年などで検索ボリュームが急上昇していることが分かります。これはなぜかというと、ワールドカップイヤーであったり、そのワールドカップの出場が決まった年であるからです。

このように、過去のデータと比較して、検索回数が増加傾向なのか減少傾向なのかを調べてから、SEOの対象キーワードを決定しましょう。

その他には、関連するキーワードや注目のキーワードを見ることができます。

「人気」は、関連するキーワードの中で現在検索回数の多いもの

「注目」は、最近急激に検索回数が増えてきているキーワード

を調べることができます。

「注目」のキーワードはまだSEOを行っているライバルが少ない可能性があるので、狙い目です!


③検索ツールバー

そして3つ目は、皆さんがよく利用しているであろう検索ツールバーです。

検索ツールバーというのは、GoogleやYahooなどで検索する時に、検索したいキーワードを入力する場所のことです。

その検索ツールバーにキーワードを入力すると、その関連するキーワードが縦にいくつか表示されますよね?

その表示されているものは、実はその組み合わせでよく検索されているキーワードなのです。

先程、紹介したキーワードプランナーの検索ボリュームはリアルタイムの検索ボリュームは表示されないので、少し古いものなんです。なので、リアルタイムで検索ボリュームが多いものを調べるには、検索ツールバーが最も適しているのです。

なので、検索ツールバーで表示される関連語は上から順によく検索されているものであるので、それを参考にコンテンツのキーワードを決定することも有効です。

 

 

SEOとは?|SEO対策のすべて

 SEOとは?

SEOの対策をしようとしていますが、そもそも「SEO」とはどういう意味で、どういうものなのかご存知ですか?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、

日本語にすると、「検索エンジン最適化」という意味なんです。

つまり、検索エンジンに、サイトを読み込まれやすくするために、サイトを最も適した形にするということです。


[日々変化する検索エンジン]

一度、検索結果で最上位に、なったとしても安心していてはいけません。

なぜなら、検索エンジンの評価基準は常に変わり続けており、その時々にあわせてサイトを修正していかなければならないからです!

以前は、サイトの構造や、タグの内容が重要視されていましたが、現在では、コンテンツが重要視されています。

日本で主に使用されている検索エンジンは、3つあります。

①Google
②Yahoo!JAPAN
③Bing

この3つの検索エンジンのうち、GoogleとYahoo!JAPANは、ほぼ同じ検索結果を表示し、Bingだけは違う検索結果が表示されます。

なぜ、Yahoo!JAPANの検索結果がGoogleと同じ検索結果なのかというと、日本のYahoo!JAPANはGoogleのアルゴリズムを採用しているからなのです。(アメリカのYahoo!はBingのアルゴリズムを採用している)

日本では、GoogleとYAhoo!JAPANの国内シェアは約9割を占めているので、GoogleのアルゴリズムでSEO対策をしなければいけません。


[コンテンツの重要性]

先ほども、記述したように、現在では、サイトのコンテンツが最も重要なのです。

なぜなら、インターネットで検索エンジンを使って検索する人たちは、その検索したワードについての詳しい情報を知りたくて検索しているわけであるから、人が読んで最も有益になる情報を提供することができているサイトを検索する人は最も求めているからなんです。

つまり、人がそのサイトを見て、役に立つ情報を持ち、満足してもらえるサイトとはどんなサイトなのかを考えて作りましょう!

そのようなサイトが検索エンジンに高く評価されます。

例えば、渋谷にあるカフェに行きたいのに、住所も連絡先も地図も無かったとしたら、そのサイトは有益だと言えますでしょうか?当然、住所、連絡先や地図があり、さらにオススメのメニューや値段などの詳しい情報が書いてある方が、検索者にとって有益である為、上位に表示されるということになるんです。

しかし、せっかく良い情報を持っていたとしても、その伝え方、つまりコンテンツの書き方によっては全く無意味な物になってしまう恐れがあるので、その書き方については今後お伝えしたいと思います!