カテゴリー: SEO対策

本文作成のポイント(4)|SEO対策のすべて

不必要な言葉は省く

読みにくい文章によく見られることは、不必要な言葉が多く含まれている事です。

この不必要な言葉の代表例が、「接続詞」と「主語」です。

なので、今回は、この2つの言葉の省略の仕方をご紹介します。

[接続詞の省略]

接続詞には、「したがって」「だから」などの順接、「しかし」「けれども」などの逆説、「また」「かつ」などの並列、「さらに」などの累加というように、文章と文章をつないでリズムを作り出したり、要点を明確にする効果があります。

しかし、接続詞を使いすぎてしまうと逆にリズムが悪くなり、結局何を伝えたいのかという事がぼやけてしまい、読者の人にとって読みにくい文章となってしまうのです。なので、文章を書きながら常に全体をチェックし接続詞を使うべきなのかどうかを判断するようにしましょう。

チェック方法としましては

接続詞がなくても意味が伝わる場合は省略する!

というものです。

[悪い例]
私は、体を鍛えることに決めました。毎日、ランニングをしたり、ジムで筋肉を鍛えたり、食事を制限したり、努力をしました。なので、3ヶ月後、理想的な体になることができました。
[良い例]
私は、体を鍛えることに決めました。毎日、ランニングをしたり、ジムで筋肉を鍛えたり、食事を制限したり、努力をしました。3ヶ月後、理想的な体になることができました。

 

「なので」という順接の接続詞はこの場合、必要ありません。それがなくても、前の文章で、努力をしたことから、その後にはどうなったのかという結果の文章がくるのが予想できる為だからです。

[主語の省略]

次に紹介するべき言葉は、「主語」の省略です。

英語などでは必ず主語を付けなければ意味が伝わらないのですが、日本語は特殊な言語で、その時の話している内容や書かれている内容の文脈から主語を判断し、省略しても意味が伝わることができるのです。なので、逆に、いちいち主語を書いている方が、くどくなってしまい伝わりにくい文章となってしまいます。

したがって、主語がなくても意味が通じる場合には、出来るだけ主語を省きましょう。

[悪い例]
昨日、私は、歩きすぎてしまった為に足が筋肉痛になってしまった。なので、私は、休日の今日はどこも出かけず、家でゆっくりお風呂に入って足をマッサージをして過ごした。
[良い例]
昨日、私は、歩きすぎてしまった為に足が筋肉痛になってしまった。なので、休日の今日はどこも出かけず、家でゆっくりお風呂に入って足をマッサージをして過ごした。

 

このように、文章を分かりやすく伝える為には、出来るだけ不必要なものは省き、シンプルな文章構成にすることを心掛けましょう。

 

本文作成のポイント(3)|SEO対策のすべて

読者に適した言葉を使う

記事を書く時に、どのような読者に向けて書くのかということを決めておくことは重要ということを以前、お話したのですが、その理由は、その読者に対してどのような言葉を使えば理解しやすく、情報が伝わりやすいのかということを明確にしたいだからなのです。

その読者というのは、大きく2つに分けることができます。

①年齢層や知識量

中学生などの若年層や全年齢を読者とする場合、分かりやすいように難しい漢字や表現は避けましょう。また、専門知識が無い、初心者を読者とする場合も簡単な言葉にしましょう。

もし、難しい表現を使う場合は、その言葉を説明するようなリンクや注釈を付けることが大切です。

②性別

読者が、男性なのか女性なのかによってでも、言葉の使い方に注意が必要です。

男性向けの記事の場合は、女性が詳しそうな美容系の用語、そして、女性向けの記事の場合は、男性が詳しそうなスポーツ系やバイクなどの機械系の用語は使用するのであればリンクや注釈での説明をしてあげましょう。


文を読みやすい長さにする

記事を書く時に、情報をたくさん盛り込もうとした事はないでしょうか?

しかし、情報をたくさん盛り込みすぎた文章というのは長くなりすぎてしまう事が多く、結局、伝えたい事が読者に伝わらず、読みづらい文章となってしまいます。

では、読者が読みやすく、かつ伝えたい情報を伝える事のできる文章を書く為にはどうすれば良いのでしょうか?

それを解決するポイントは2つあります。

・一文の長さは約40文字
・一文一義

一文一義とは、一つの文章の中に一つの事柄を入れるという事です。

[悪い例]

現代では、サッカーは主に足を使ってプレーするスポーツであるが、昔は手を使って、ボールを運ぶことも許されていたり、殴り合いも行われており、今とはかなりかけ離れたスポーツであった。

[良い例]

現代では、サッカーは主に足を使ってプレーするスポーツという認識が一般的である。しかし、昔は手を使いボールを運び、殴り合いも行われており、今とはかなりかけ離れたスポーツであった。

ある程度の所で文を区切り、文章を分ける事で一文を理解しやすいようにしましょう。


文末表現に注意する

文末表現には、文章のリズムや抑揚を生み出す効果があります。

この文末表現によって、文章が読みやすいかどうかが大きく左右されてくるので、注意しましょう。

[同じ文末表現の繰り返しは避ける]

リズム良く文章を読者に読んでもらうには、同じ文末表現を繰り返さないことが大切です。

なぜなら、同じ文末表現が連続すると文章の抑揚が失われ、読みにくい文章になってしまうからです。

[悪い例]

ロンドンは、ヨーロッパで最も人気のある都市です。とても綺麗な街です。自然もたくさんあり、住みやすい場所です

[良い例]

ロンドンは、魅力的な都市。ヨーロッパで最も人気があり、とても街並が綺麗です。また、住みやすく、自然もたくさんあります

 

 

 

 

 

 

 

 

本文作成のポイント(2)|SEO対策のすべて

誤字脱字をしないようにしよう

文章を書いていて、最も多く起きるミスが誤字脱字です。いくら良い記事を書いていても誤字脱字が多いページは信頼度を著しく下げてしまいます。なので、ある程度の文章を書いたら、こまめにチェックを行い、次の文章を書いていくようにしましょう。

そのチェック方法をご紹介しておきます。

[音読する]

文字を声に出すことにより、間違っている箇所や表現に気づくことができます。声に出せない環境であるならば心の中で暗唱しても良いでしょう。

[時間をおいてから再度確認する]

文章を書いている時というのは、集中しているので間違っている箇所に気づけない場合があります。そこで、文章を書き終わってから1時間後位を目安に見直すと、時間が経っているので、今度は客観的な視点で文章が見ることができるようになっています。すると、先程まで合っていると思っていた箇所が実は、間違えていたということにも気づくことができるのでオススメです。

[校正機能を利用する]

Microsoft社のワープロソフト「Word」には、文章を校正してくれる機能があります。このような、ツールを使うのも一つの手です。

校正してくれる機能の例は、

・誤変換

・スペルミス

・くだけた表現

・助詞の欠落

など

しかし、最後は、やはり自分自身の目で正しい文章なのかを確認するようにしましょう。

[固有名詞を検索する]

誤字脱字の中でも、特に気をつけたいことが人の名前や場所の名前などの固有名詞の間違いです。このような間違いをしない為には、検索エンジンを使い、正しく表記するようにしましょう。


文体を統一する

記事の文体は、統一して書きましょう!

文体とは、です・ます調の「敬体」と、だ・である調の「常体」があります。この、文体を記事内で混同させてしまうと、文章のトーンやリズムにばらつきが出てしまい、記事全体が読みにくくなってしまうのです。なので、記事を書き始めるまえに、どのような文体で書くのかということを決め、統一するようにしましょう。

さらに、その「敬体」「常体」には適したジャンルがあるので、ご紹介しておきます。

「敬体」に適したジャンル

敬体には、優しさや安心感を与える効果があるので、その優しさや安心感を読者に与える必要のあるジャンルが適しています。

・ハウツー系のコラム(SEO対策のやり方、ダイエットのやり方など)

・広告パンフレット

・レビュー記事

など

「常体」に適したジャンル

常体には、かたい印象、シリアスな印象などを読者に与える効果があるので、個人の主張や、シリアスなものを伝えるジャンルが適しています。

・新聞記事

・分析のコラム

・小説

など

 

このように文体によって、読者に与える効果に違いがあるので、自分の記事にはどの文体が適しているのかを考えて、記事を書き始めましょう。

本文作成のポイント(1)|SEO対策のすべて

今回からコンテンツの本文の書き方について、ご紹介していきたいと思います。

重要なことは始めに書く

読者が、検索したキーワードに対して、最も適しているページを探し出し、検索結果の上位へ表示する役目を果たしているのが、クローラーロボットです。このクローラーロボットは、Webサイト内のページを上から辿っていきながら情報を得ていくという機能を持っています。一般的に、Webページを形成しているHTMLは、英文ライティングで構成されており、英文は結論を先に記述する傾向があります。なので、検索エンジンは、文章の始めの方に重要なことが書かれていると認識しているようなのです。

つまり、クローラーロボットに自分のWebページの最も重要な情報を伝えたい場合には、ページの始めの方に書くということが重要になってくるということです。

[ポイントの整理]
・重要なことや結論は先に書く
・文章の出だしは情報を整理して書く

文章の「型」を持つ

記事を作成する時、何も構成を考えずに書くと、論旨がずれてしまったり、記事ごとに統一感のない文章になってしまうと、読者に伝わりづらくなってしまい、良いページとは言えなくなってしまうので、避けましょう。

[文章の「型」を持つことの3つのメリット]

①論理的に書くことにより、読者に伝わりやすい記事になること

②検索エンジンに評価されやすくなること

③記事の書くスピードが速くなること

 

さらに今回は、その型について、代表的な型をご紹介します。

[三段論法]

三段論法は、「大前提」と「小前提」と「結論」の3つの構成から成り立つ書き方です。

「大前提」は、普遍的な多くの人が知っていることを指します。

「小前提」は、具体的な定義を指します。

「結論」は、その「大前提」と「小前提」をまとめたものを指します。

(例)

大前提「地球は宇宙に存在する」

小前提「人間は地球に住んでいる」

結論「人間は宇宙に存在する」

 

さらに、三段論法は、文章全体で使用するだけでなく、リード文(文章の見出し)や、段落ごとにも使用することができます。

[パラグラフ・ライティング]

パラグラフ・ライティングとは、各パラグラフ(段落)をトピック・センテンス(その段落で言いたいこと)とサブ・センテンス(言いたいことを補足や説明する文章)のみで展開していく文章構成です。

そして、そのパラグラフ・ライティングには2つの原則があります。

①1つのパラグラフにトピックは1つだけ

1つの主張をパラグラフごとに分けて論理的に文章を構成すること。

②トピック・センテンスを各パラグラフの冒頭に書く

言いたいことや、伝えたいことを先に記述することで、この文章は何のことについて書かれているのかということを読者に伝わりやすくすること。

 

見出しとトピック・センテンスを読めば文章の全体の概要が把握できるようにします。

[起承転結は使わない]

一般的に文章を書く手法で最も有名なのが、「起承転結」だとおもうのですが、Webサイトの文章を書く時には、この手法は使わないようにしましょう。

なぜなら、「起承転結」は、一番知りたい情報は、最後まで読まないと出てこないからです。

先述したように、クローラーは先頭の方に結論があるWebサイトを高く評価しますので、「起承転結」のような結論が最後に来てしまう文章構成はSEO対策には適していないので、「起承転結」で記事を書くことは避けましょう。

 

 

 

 

 

 

説明文、見出しの書き方|SEO対策のすべて

説明文の書き方

この説明文というのは、検索結果の画面でタイトルの下にあるそのページにどんなことが書かれているのかという文章です。

別名では、”スニペット”と呼ばれています。

この説明文は、HTMLタグのmeta descriptionタグに書かれた内容が表示されます。しかし、ページ内でmeta descriptionよりも検索キーワードにマッチするテキストがあれば、そちらが優先され、検索結果のページに表示されます。

この説明文の内容次第で、検索した人がページを訪れてくれるかどうかが、大きく左右されるのでとても重要です。

[説明文を作成する上での5つのポイント]

①対策キーワードを盛り込み、ページ内に則した説明文にする。
②他の検索結果で表示されているページとは異なるワードを入れる。
③全角120文字程度を上限とする。
④検索する人の検索意図を反映させる。
⑤ページごとに固有の説明文にする。

[見出しの書き方]

人が文章を読む時は、まず斜め読みをしどんな内容の記事なのか、自分にとって意味のある記事なのかを判断します。それで、役に立ちそうや、面白そうだと思えば、記事を詳しく読んでもらえます。その斜め読みの時に読者が読むのが、文章の 見出しです。

なので、記事を最後まで読んでもらえるように、見出しを読んだだけで記事の全体像が簡単に理解できるようにしましょう。

そんな、見出しを書くポイントをご紹介します。

[最後まで読ませる見出しの2つのポイント]

①明確かつ簡潔にする

見出しは、その記事の要約の役目も果たしているので、ダラダラと長い見出しではなくて、短くてはっきりと伝わりやすい見出しにしましょう。

悪い例:ジョギングは、心肺機能だけでなく、足の筋力強化にもつながる

良い例:ジョギングの効果

②キーワードや数字を入れる

見出しには、読者が検索するであろうキーワードを入ること、そして特に効果的なのは、具体的な数字を入れることです。抽象的な表現はぼんやりとした印象を与えてしまうので入れないようにしましょう。

記事の内容の要約的なキーワードを見出しに入れることで読者を引きつけ、本文を読んでもらうようにします。

(例)ダイエットに一番効くジョギングの距離は3km/日

 

 

タイトルの決定方法(2)|SEO対策のすべて

今回は、現代で宣伝の大きな手段となるSNS(Twitte、Facebookなどのこと)で集客しやすいタイトルの作成についてご紹介していきたいと思います。

思わずクリックしたくなる5つのタイトル

①リストタイトル

これは、別名リスティクルといわれる記事手法で、このリスティクルとは「list(リスト)+article(記事)」の造語で、Web上で閲覧数を増やす手法として昔から使われているものです。

Webサイトでは、紙媒体よりも閲読性(内容を調べながら読む)が低く、欲しい情報を即座に、簡潔に知ることができるものが好まれる傾向にあり、そのため、記事は知識などがリストのようにまとまっている方が閲覧数が増えるといわれています。

リストがまとまっているというのは、この章のように、”5つの〜”みたいに、情報がまとまっていることが分かるような事を意味します。

②同調を誘うタイトル

同調を誘う表現方法として「かわいい!」や「かっこいい!」などがあり、このような表現を含むタイトルのコンテンツをシェアした際、シェアした読者だけでなく、その読者をフォローしている人達までも共感させて連鎖効果を生み出す手法です。

(例)

「かわいすぎる!動物の赤ちゃん集!!」

「かっこよすぎる!スポーツ選手の名言集!!」など

③質問タイトル

SNSで拡散を促す1つのポイントとして、「自分自身のコメントを添えて共有してもらう」ということが有効だと考えられています。

これは、読者がSNS上で共有したコンテンツについてコメントする事によって、Twitterの場合、そのコメントに同調した他の人達がリツイートすることにつながるからです。

リツイートすればリツイートした元のツイートがその人のアカウントに表示されるので、そのフォロワーの人達もそのツイートに目を通す事になるので、拡散されていく可能性が高くなるのです。

質問形式にするには、「どう思いますか?」や「どちらが好きですか?」などが有効です。コンテンツの内容を通して意見したくなるような構成を考える事がコメント付きの投稿、リツイートを促すことにつながります。

(例)

「会社の採用試験では、学歴を重視について、どう思いますか?」

「目玉焼きは、醤油派?ソース派?ケチャップ派?」など

④対象を絞ったタイトル

「新人必見!」など対象を絞ることで新人だけではなく、新人ではないけれど、知らないと恥ずかしい思いをするであろう人達に読まれやすいコンテンツにすることができます。

特に、専門性の高い分野についてのコンテンツに対して、この手法は効果があるそうです。

⑤期待を煽るタイトル

「死ぬまでに」「必見」や、「ブーム到来!!」など、見なければ損をすると思わせるような煽り文句は閲覧前の期待値が高くなり、コンテンツの本文を読む行動へとつながりやすいと言われています。

しかし、一方では、その期待に応えられるだけのコンテンツの質が求められます。もし、コンテンツを見て期待はずれの場合、もう二度とそのサイトへは訪れてくれなくなってしまう可能性が高いので、慎重に煽り文句を使いましょう。

 

 

タイトルの決定方法(1)|SEO対策のすべて

今回は、家で言う表札となる、タイトルの作成についてご紹介したいと思います。

このタイトルの書き方を間違えれば、どんなに良い記事を書いたとしてもSEO対策で無駄になってしまうので注意しましょう!

そんなタイトル作成で重要な5つのポイントをご紹介します!!


タイトル作成の5つのポイント

①対策している検索キーワードを盛り込む
②文字数は全角25〜30文字程度
③キーワードは詰め込みすぎない
④記事内容に合った簡潔なタイトルをつける
⑤ページごとに固有のタイトルをつける

この5つのポイントがタイトル作成で重要になってきます。そして、そのそれぞれについて解説していきたいお思います。


[①対策している検索キーワードを盛り込む]

検索ボリュームなどを参考に決定した検索キーワードは、必ずタイトル内に入れましょう!

例えば、「サッカー 試合 分析」という検索キーワードで、SEO対策をするならば、

「サッカーの試合を詳しく分析する10個のポイント」

などとしましょう。

ここで、注意したいことは、

・対策キーワードはできるだけ文頭に持ってくる
・サイト名や会社名をページタイトルに入れる場合は、
「ページタイトル|サイトタイトル」のように”|”で区切る

ということです。

[②文字数は全角25〜30文字程度]

Googleの検索結果で表示されるタイトル文字数の上限は全角35文字とされています。

なので、それよりも長いタイトルの場合、勝手にタイトルが変更になったり、タイトルが途中で切れてしまったりするので注意しましょう。

[③キーワードは詰め込みすぎない]

タイトルにキーワードを沢山入れるようなことは避けましょう!

同じ単語を何度も繰り返すことは、その単語が検索数の多いキーワードであっても逆効果になり、検索エンジンからペナルティーを受けたり、検索順位が下がったり、順位から消されてしまうので注意しましょう!

[④記事に合った簡潔なタイトルをつける]

検索エンジンに対して、何について書かれたページなのかが分かるように簡潔に伝えることが重要です。

[⑤ページごとに固有のタイトルをつける]

検索エンジンや検索する読者にとってページの内容の違いが分かり、正しく理解できるように、各ページのタイトルは異なるものをつけましょう。

ターゲット選定の仕方(2)|SEO対策のすべて

前回の「ターゲット選定の仕方(1)」で、ターゲットを選定する手段の「5W1H1L」をご紹介したのですが、今回はその1つずつについて、説明していきたいと思います。

下に、7つの項目についてまとめたので、それぞれ参考にし、自分が作ろうと思っているサイトのターゲットを決定してみてください!


Who「だれが?」

・年代
・性別
・職業
・地域

Why「なぜ?(動機)」

・どのような問題が生じたのか?

(例)

「パソコンの電源が入らなくなった。どうすれば良い?」

「手を怪我した。どうやって応急処置をすれば良い?」など


When「いつ?」

「なぜ(動機)」が生じるのはどのような時なのか?

Where「どこで?」

「なぜ(動機)」は、どのような場所で生じるのか?

What「何を?」

問題解決に向けて、どのような情報を読者が求めているのか?

How「どうする?」

読者がサイトの情報を得た後、どのような行動をすることが予想できるのか?

(例)

商品の紹介、購入サイトの場合。読者は、購入するのか?資料請求をするのか?もっと詳しく商品のことを知るための情報が欲しいのか?それはどんな情報なのか?など


Literacy「知識力」

これは、上から順に知識の評価をしていきます。

①高度な知識がある
②専門用語が理解できる
③専門用語が理解できない
④まったくわからない

 

 

このように、一つずつ細かくターゲットを決定していくことで、そのターゲットにとって、とても読みやすく、理解のしやすい有益なサイトを作り上げていくことができるのです。

How「どうする?」の項目でもあったように、ターゲットにどんな書き方で、どんな情報を与えるのかだけでなく、そのあとのどんな行動をするのか、どう行動して欲しいのかという所までを想定してサイトを作っていかなければいけません!

つまり、どんな人にサイトに来てもらいたいかを「入口」とすると、サイトに来た人が、情報を得るだけでなく、その後、最終的にどんなアクションを起こすのか?どんなアクションを起こして欲しいのか?というところまで考えることを「出口」とし、サイトのストーリーを描いていきましょう!!

 

ターゲット選定の仕方(1)|SEO対策のすべて

サイトを訪れるターゲットを決めよう!

コンテンツを書き始める前にやっておかなければならない事がまだ、あります。

それは、ターゲットの設定です!!

SEO対策というのは、サイトに訪れる人にとって、有益な情報を提供することであるので、どんな人にサイトを見てもらいたいのかということ、まず決定しておかなければいけません。

そして、それはなぜかというと、ターゲットによってコンテンツの書き方が変わってくるからなのです。

例えば、サッカーの試合を分析するサイトを作る場合、「サッカーに詳しく、専門用語を知っている人」と「サッカー初心者で、専門用語などを知らない人」がいるとする。前者がターゲットの場合、分析の文章に専門用語をそのまま使いながら書いていけるが、後者の場合、専門用語を知らないので、専門用語を使って文章を書いてしまうと、全く理解できない記事になってしまうので、その人にとっては有益ではない無意味な記事になってしまうのです。

したがって、専門用語を知らないサッカー初心者の人達をターゲットにするのであれば、専門用語を使わず他の言い方にするか、専門用語を使用するのであれば、その説明を書くか、リンクを貼るということをした方が良いでしょう。

このように、読者となるターゲットに合わせたコンテンツを作成するということは、読者にとって有益なコンテンツとなると同時に、SEO対策にもなるのです。

それでは、どうやってそのターゲットを決めていけば良いのでしょうか?

それは、次の考え方で、決めていくことができます!

5W1H1L

この考え方は、ある7つの単語を分類して作られたものであります。

まずは、「5W」。

5つのWは、
①    Who「誰が?」
② Why「なぜ?」
③ When「いつ?」
④ Were「どこで?」
⑤ What「何を?」

次に、「1H」。

How「どうする?」

そして、最後は「1L」。

Literacy「リテラシー」(専門用語などの理解ができる知識や経験)

これらの1つずつを詳細に分析し、ターゲットを決定していきます。

その1つずつの説明は次回することにしますので、お楽しみに!

 

 

 

 

検索キーワードからコンテンツを考える(2)|SEO対策のすべて

ビッグワードとロングテールワードとは?

検索キーワードには、

「ビッグワード」と「ロングテールワード」というものがあります。

「ビッグワード」とは、月間の検索回数(ボリューム)が多い検索キーワードのこと。

ビッグワードという検索キーワードは、単体では目的がつかみにくい傾向があります。例えば、「天気」、「ホテル」、「パソコン」といったものです。このビッグワード自体は月間の検索回数は非常に多いので、このキーワードで上位表示されれば、サイトの訪問者は多くなるのですが、ライバルが多いので難易度はかなり高いです。

「ロングテールワード」とは、ビッグワードのような検索回数が多いキーワードなどを並べて条件に絞り込みをした検索キーワードのこと。

ロングテールワードは、ビッグワードに関連語をつけて検索することで、欲しい情報を検索しやすくする効果があります。例えば、先程の「天気」、「ホテル」、「パソコン」でいえば、

「天気 東京」、「ホテル 京都」、「パソコン 最新」といった感じです。

さらに絞り込むと、

「天気 東京 新宿」、「ホテル 京都 祇園」、「パソコン 最新 価格」のようになります。

これらのロングテールワードは、ビッグワードと比べると、月間の検索回数は少なくなるのですが、上位表示難易度は楽になっていきます。

このように、細かいキーワードで上位表示を狙い、少しずつ訪問者の満足度を高め、サイトの評価を上げていくことは、非常に重要です。

なぜなら、1つ1つのコンテンツへの訪問者は少なくても、そのコンテンツが増えていけば、トータル的にサイトへの訪問者は増加していくからです。


上位表示をさせること目指す意味とは?

SEO対策の目的は、検索結果の上位に自身のサイトを表示させ、サイトへの訪問者数を増やすことです。

その理由は、上位表示されない サイトは、ほとんど訪問されないからです。その具体的な数字は以下の通りです。

順位

クリック率(%)

1位

約30%

2位

約15%

3位

約10%

4位

約7%

5位

約5%

1ページ目は10位までの表示がるのですが、6位〜10位はすべて約3%で同じパーセントなのです。2ページ目にもなると、その パーセンテージは約1〜2%という低い数字になってしまうのです。

なので、上位表示されなければ、ほぼサイトを訪れてくれる人はいないということになるので、比較的ライバルが少なく、上位表示できるキーワードを調べて、決定することが重要になるのです。