タイトルの決定方法(1)|SEO対策のすべて

今回は、家で言う表札となる、タイトルの作成についてご紹介したいと思います。

このタイトルの書き方を間違えれば、どんなに良い記事を書いたとしてもSEO対策で無駄になってしまうので注意しましょう!

そんなタイトル作成で重要な5つのポイントをご紹介します!!


タイトル作成の5つのポイント

①対策している検索キーワードを盛り込む
②文字数は全角25〜30文字程度
③キーワードは詰め込みすぎない
④記事内容に合った簡潔なタイトルをつける
⑤ページごとに固有のタイトルをつける

この5つのポイントがタイトル作成で重要になってきます。そして、そのそれぞれについて解説していきたいお思います。


[①対策している検索キーワードを盛り込む]

検索ボリュームなどを参考に決定した検索キーワードは、必ずタイトル内に入れましょう!

例えば、「サッカー 試合 分析」という検索キーワードで、SEO対策をするならば、

「サッカーの試合を詳しく分析する10個のポイント」

などとしましょう。

ここで、注意したいことは、

・対策キーワードはできるだけ文頭に持ってくる
・サイト名や会社名をページタイトルに入れる場合は、
「ページタイトル|サイトタイトル」のように”|”で区切る

ということです。

[②文字数は全角25〜30文字程度]

Googleの検索結果で表示されるタイトル文字数の上限は全角35文字とされています。

なので、それよりも長いタイトルの場合、勝手にタイトルが変更になったり、タイトルが途中で切れてしまったりするので注意しましょう。

[③キーワードは詰め込みすぎない]

タイトルにキーワードを沢山入れるようなことは避けましょう!

同じ単語を何度も繰り返すことは、その単語が検索数の多いキーワードであっても逆効果になり、検索エンジンからペナルティーを受けたり、検索順位が下がったり、順位から消されてしまうので注意しましょう!

[④記事に合った簡潔なタイトルをつける]

検索エンジンに対して、何について書かれたページなのかが分かるように簡潔に伝えることが重要です。

[⑤ページごとに固有のタイトルをつける]

検索エンジンや検索する読者にとってページの内容の違いが分かり、正しく理解できるように、各ページのタイトルは異なるものをつけましょう。